雨漏りの仕組み、メカニズム

  • はてなブックマークに追加

瓦が割れても雨漏りが起こるとは限りません

雨漏りは屋根のトラブルで一番心配なことです。外壁と共に雨や風から家を守るものです。屋根の本体(平部分)からの雨漏りは、ルーフィング(防水材)の劣化、防水機能の低下から発生します。瓦、トタン、スレート等の仕上げ材を固定するために釘、ビスで穴を空け、それらが劣化し、穴が大きくなると隙間ができ、そこから雨漏りを起こします。


雨漏りの理由は、瓦が割れたからではありません。 ルーフィングです

屋根に施工されている瓦(下図)を剥がしたところです。 横にある桟木に釘を打ったところが劣化し、そこから雨漏りを起こしている箇所の写真です。 桟木自体も腐食しています。 雨が瓦の下に入り込み、瓦とルーフィングとの間を流れていくのですが、桟木にとどまり、腐食させ、釘を錆びさせ穴を大きくします。 これが雨漏りの大きな原因です。      

ここ




取引銀行; りそな銀行 津田沼支店






雨漏り: 釘を打ってあるところが錆びによって穴が広がり、そこからの雨漏りです。
右は雨が漏れていると思われる箇所をコーキングしています。 また雨を滞留させないように桟木に間を持たせています。(切れ込み)

 

雨漏りのメカニズム; 屋根本体からの主な雨漏り

















上の画像は、傾斜のある屋根での雨漏りの様子を表しています。 コンパネにルーフィングを施工してあり、上に桟木を釘で固定した図です。水は屋根の中に侵入し、下の方へ流れていきます。そして雨水が桟木で滞留します。徐々に桟木の隙間から釘に達し、これが雨が降る毎に起きると釘はやがて錆びて太くなります。また釘の鉄成分は柔らかくなり膨張します

 一様に膨張すれば、穴は大きくなっても、ルーフィングは柔軟で釘穴を密着して水を貫通させません。しかし、サビはさらに膨張し、ルーフィングは柔軟性を失って釘穴を埋める能力を失うと、雨水は下に下りて行きます。 これが雨漏りの典型的なメカニズムです。この雨漏りのメカニズムは屋根材に釘、タッカーを使う以上どうしても避けることができないのです。(この釘穴から漏水する試験はJISの試験項目にあります)


 この雨漏りのメカニズムは、あまり知られていず、瓦が割れたらその割れたところから雨漏りが起こると考えられてきましたが、本当は違います。瓦が割れても、ヒビが入ってそこから雨水が侵入しても、雨漏りは発生しません。全てルーフィングが破れるか、裂けるか穴が開くか、もともとの釘穴が大きくなるかして雨が漏れてくるのです。

 ルーフィングや、カラーベスト、コロニアル、スレート、ガルバリウム鋼板、ガイドライ
ン施工の瓦などは、全て材料を屋根に固定する為に、釘、ビスを使っています。 特に防水材であるルーフィングは、タッカーというホチキスの親分で下地材に固定されます。それも無数の数です。更に仕上げ材の釘がルーフィングを貫通します。釘、タッカーを打つことは当然なのです。でなければ屋根は出来上がりません。 しかしこのような状況でも20年の耐久性があるのです。(普及品で20年)


JISの漏水試験

ルーフィングのJIS規格 A6005には、防水試験があります。下図のように供試体・ルーフィングを置きルーフィングに釘を打ちます。合板に貫通してルーフィングに穴が開きます。この穴から水がもれるかどうかを試験するのです。この釘を包む円柱の容器に水を入れて圧力を発生させます。この状態で” ルーフィング ”のしたから水漏れがないことを確認しています。

(しかしこれはあくまでも新品のルーフィングでの試験ですので、耐用年数、つまり20年後も同じように、水は漏れないことを試験しているのではありません。 あくまでも新たに開発された新製品の試験をしてJISの認定をするための試験です。耐用年数は考慮されていま せんが・・・)つまり、JIS規格に合格したルーフィングは、生産された直後では、釘によって貫通されても、漏水しないという試験にパスしたものなのです。 JIS規格はルーフィングに釘を打つ前提でその製品の品質をチェックしています。しかし経年変化、5年後、10年後、20年後に同じ試験をパ スする義務はありません。(消費者側から言わせて貰えば、是非経年後にもやって欲しいですけど)





















経年変化、ルーフィングの20年後の耐久性は規定していません

このルーフィングの試験は何をテストしているのか?

簡単にはルーフィングに釘をいつも施工するように打って、水が漏れてこないか? のテストです。水が漏れて来ないためには、穴を開けられたルーフィングがしっかりと釘を咥え込み、釘と密着しなければ隙間が開いて水が漏れてしまいます。これはルーフィングの柔軟性を試すテストなのです。これにパスしないとJISに認定は貰えません。

ルーフィングの柔軟性が、雨漏りと重要な関係があります。 ルーフィングの経年変化、劣化はこの柔軟性を失うことであり、釘が錆びて膨張してもしっかり穴を塞いで釘との隙間を埋めている機能を失うことなのです。

 シーリング効果と言いますが、経年変化により、徐々にその機能を失い、ついには漏水を起こします。このときがルーフィングの寿命、耐用年数と私は思っています。 

JIS規格には、寿命も耐用年数に関する規定もありません。できないと思います。またルーフィングのメーカーもその耐用年数の規定や仕様もありません。カタログにもありません。

ただ経験的に、またはメーカーが独自で試験をしている促進試験があるだけです。 これはある悪環境のもとで、擬似的に、10年とか20年後の劣化したルーフィングの状態を擬似的に作り、そのもとでの試験をすることで、この製品の耐用年数は、いかほどか?の目やすにしています。 がしかし、カタログの仕様ではないし、記載、保証もしていません。

 リスクが大きいからです。もしルーフィングのメーカーが耐用年数を保証したら、至る所で雨漏りの訴訟が起きてしまいます。ルーフィングは屋根の葺き替え時に交換しますが、他の屋根材に比較してかなり安い価格です。1㎡あたり数百円です。 

コンパネが1㎡、2,000円、ガルバリウム鋼板が1㎡、¥6,000、瓦が1㎡、¥9,000

などと桁違いに安い、この一番重要な材料が一番価格が低いという現実。

ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板とか一番上の屋根材にばかり目がいきますが、ルーフィングも気にかけて欲しいです。雨を事実上止めているのは、このルーフィングです。

私は、そのルーフィングメーカーから何ももらっていませんが・・・

ルーフィングのメーカーなんて、お客様のどの方も気にしませんが、良い製品は私、知っています。このページに辿り着き、読んでもらったお客様のために公開したいです。

田島ルーフィングのライナールーフ、マスタールーフは、カタログに耐用年数が記載されています。 他のメーカーのカタログを読んだことがない方は、べつに気にも止めませんが、これ非常に重要で、木造家屋用のルーフィングを製造している日本のメーカーは、数社ありますが、そのカタログには、耐用年数のことなど何もありません。JIS規格品であることを謳ってあるだけ、その試験結果を載せてある製品もありますが、上記で説明したように、JIS規格に通ったのは、製造直後の製品についてだけであって、耐用年数のことはJISは言っていないのです。 ですからカタログに保証値でなくとも、耐用年数を記載するのはかなり製品に自信がないと書けないと思うのです。ライナールーフィングとマスタールーフのカタログにはこの耐用年数の記載があります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●多分世界で唯一の、年耐用年数60年;一般住宅用ルーフィング @田島ルーフィング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●耐用年数の記載がるライナールーフィング @田島ルーフィング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


屋根張替えお助け隊は、屋根工事・屋根張替えの工事費用・価格相場を公開しています。
カバー工法、カラーベストの張替え、簡易カバー工法、適切な屋根材、張替えの工法をご紹介しています。

__________ 屋根工事・張替えのご用命は、屋根張替えお助け隊へ____________