屋根張替えの計画で大切なこと

●あと何年その家に住みますか?


人生の中で早々何回も屋根を張替えることはないでしょう?
では、いつやったら後悔するのか?いつ張替えるのか?  

下のようなことは、しばしば耳にします。

 

Aさん  
  「45歳のバリバリの営業部長、でも6ヶ月後に
  は中国上海の支社に転勤の話がちらほら、でも雨漏り
  がしたことがあったし、屋根の端々も少し割れていて
  見苦しい、屋根本体も大分傷んでいる。大地震も心配
  で思い切って屋根を全部張替えることに・・・
  とやはり、6ヶ月後の3月に転勤の辞令、最低5年の期間。
  え!! やっぱり張替えは、転勤から帰ってからでよか
  ったのか???

  雨漏りは防水シートを替えるればよかったのか!?
  他は部分修理で大丈夫だったの??? 
  転勤の費用もかさむし、折角屋根を新しくしたのに他人に
  それを使わせるとは・・・
  あのときの張替え費用150万円が・・・ 云々。

 

Bさん
  現在リタイヤして12年の72歳、屋根の下地も
  ぼろぼろ、屋根材本体も耐用年数をとうに過ぎてしまい
  ました。 野地板交換、防水シート張替え、瓦張替えで
  
  200万円!!

  あと何年この家で暮らせるのか? 貯金はあるけど年金
  
  生活で、大きな出費は非常に痛い。あの時退職金で葺き
  
  替えておけばよかった・・・

 

住み替え、家の立替、増築、転勤、退職、いろいろなことが
  
  人生で起こります。 予期できないことで、屋根の修理や張替え
  が無駄になったり、あの時に・・・
  
  ということも起こるでしょう。
  屋根のリフォームでは、100、200万円とお金が出て行きます。
  1千円、1万円の単位ではないので、工事をする時期は
  人生設計の中で良く考える必要があります。
  かつ、新しい屋根の耐用年数、メンテナンスの費用とその
  サイクル、これらも重要な事柄になります。 これらを鑑み
  て屋根工事の材料・工法を選んでください。 

屋根工事見積お助け隊は、これらのことを考える上でいろいろお役にた
てる情報を提供しています。

「この家にあと何年住むのか?」
「この家にあと何年住むのか?」
これがあって初めて、材料は何にしようか、工法は?
  の検討が始まると思うのです。

  屋根工事のおおよその考え、計画が決まったら。
  資料を請求してみましょう!!!

































屋根張替えお助け隊は、屋根工事・屋根張替えの工事費用・価格相場を公開しています。
カバー工法、カラーベストの張替え、簡易カバー工法、適切な屋根材、張替えの工法をご紹介しています。

__________ 屋根工事・張替えのご用命は、屋根張替えお助け隊へ____________