• はてなブックマークに追加

屋根の構造・施工方法

●屋根の名前と屋根構造、張替え工程について


■参考: 屋根各部の名称





























この屋根の形式は、手前が切り妻、奥が方形になった混合形(ハイブリッド)
です。 屋根材は、今一番施工実績のある薄型スレート系

屋根の構造と張替えの工程

図の1から5は、瓦を張替えるときの工程です。
図6は、一般にスレート材系の屋根材を葺くときの図で、防水シートの上から
釘うちによって、スレート材を固定します。 図3までは共通の工程。



















図1:垂木(たるき)の上からコンパネ(下地材)を釘にて固定

図2:コンパネは、9mm以上を使用、通常は合板材を使用するが、無垢の板を使ったほうが長持ちする。



















図3:コンパネの上から、下葺き材と呼ばれる防水材を施工、瓦からの僅かな雨水をシャットアウトする


















図4:防水材の上から、瓦をとめるための桟木(さんぎ)を横に施工、桟木のところどころに切れ込みがあり雨水を逃がす。

図5:瓦は、桟木に引っ掛けて釘(ステンレス)にて固定引っ掛工法という。 以前は、釘で固定せず地震などで瓦がずれ落ちやすくなっていた。

















図6:ルーフィングのうえからスレート材を施工します。 スレートも軒先

図6: 図1、図2、図3を施工した後防水シートの上から屋根材を釘(ステンレス)にて固定、施工します。


































屋根張替えお助け隊は、屋根工事・屋根張替えの工事費用・価格相場を公開しています。
カバー工法、カラーベストの張替え、簡易カバー工法、適切な屋根材、張替えの工法をご紹介しています。

__________ 屋根工事・張替えのご用命は、屋根張替えお助け隊へ____________